お知らせ RSS お知らせ一覧

逆流性食道炎1

逆流性食道炎について
酸性の強い胃酸や胆汁などが逆流し、化学的刺激が起こって食道の粘膜が傷ついてしまう病気。
食道には胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされることで炎症を起こし粘膜のただれや潰瘍が生じ、
胸やけや呑酸などの不快な症状の原因になります。
また、逆流性食道炎には胃の一部が胸部に入り込む、食道裂孔ヘルニアを伴うことも。
胸やけや胸痛、つまり感を引き起こします。